カテゴリ

2009年05月06日

写真家の部屋vol.15

(C)Koichiro Matsui

連載企画「写真家の部屋」第15回は、松井康一郎さん。
松井康一郎さんは、パリに暮らし、世界中を旅しながら、写真を撮っています。
パリにもう15年も、さらにその前にはアルルに住み、中身はほとんどパリジャン。
源流には、NYで目覚めたというビートニクのスピリットが息づいているそうですが、
オープンマインドで人間愛に溢れた彼のパーソナリティは、やっぱりラテン。
一度でも会ったことのある人なら誰もが納得してくれるでしょうが、
人懐こく、情に厚く、常にまっすぐに、人と仕事をすることを楽しんでいます。
それこそ、スタッフも、撮影される人も、通りがかりの他人までが、
すぐに打ち解けてしまうのですから。

さらに、彼のもうひとつの美点が食いしん坊としての顔です。
パリで活動しているのは写真より食のためでは?と思ってしまうほど(失礼)。
グルメなんていう軟弱な言葉では言い尽くせないほどの健啖家ぶりは、
スイス、スペイン、ギリシャ、中国など
エスクァイアで訪れたすべての国で発揮されました。
そんな彼の写真の中で、やはりとりわけ素晴らしいのがポートレイトと料理。
パリの多くの三ツ星シェフたちが彼の写真を気に入って、
まるで友人のような関係を結んでいることからもわかります。

『エスクァイア』でもたくさんの素敵な写真を撮っていただきましたが、
これからも世界を舞台に、多くの人たちを魅了しながら、旅と食と写真の素敵な日々を!


続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真家の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

レビュー回顧〜手元に残ったCDについて その2

41XVHKNQQ6L._SL500_AA240_.jpg31P3qkXrpaL._SL500_AA200_.jpg

やっぱり歌の力なのかな。

ジャズ系クラブミュージックの世界に浸かって、
「音楽通」ぶっていたところで、エスクァイア日本版の門をくぐったら、
そこには予想を超えた音楽の深淵が口を開けていた……
当時を振り返ると、さながらそんな感じでしょうか。
連日届くさまざまなタイプの音源を、
混乱しながらもとりあえず聴く日々がしばらく続いたように思います。
編集部のBGMすらもフレッシュな体験だったわけですが、
中にはちらほら、自分にとっても馴染みのある音楽が取り上げられることもありました。

ブラックストリートは、'90年代になってテディ・ライリーが結成した
ヒップホップ/R&Bのグループです。
テディといえば、'80年代にボビー・ブラウンのプロデュースで
一躍その名を知らしめたアメリカ・ブラックミュージック界の顔役のひとり。
プロデュースに大きく関わった
WRECKX-N-EFFECTや自身のグループguyで、
「ニュージャックスウィング(NJS)」というジャンルを確立した人でもあります。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏Esky Music/レビュー回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

『エスクァイア日本版』のバックナンバーが大放出中!

Esquire1995年11月号.jpg

5月23日発売の7月号をもって一旦、
休止符を打ってしまう『エスクァイア日本版』ですが、
これまでの読者の皆様への感謝の意も込めて、
バックナンバーフェアが開催されています。

エスクァイアのWEBサイトでの限定販売ほか、
下記の書店でも開催。
品切れになっていた希少な号も少数ですが、販売されています。

おっと買い忘れていた、もう一冊欲しいなど、
このチャンスにぜひお求めください。
品切れ中になっていても、
書店のバックナンバーフェア終了後に戻ってくるなど、
在庫は頻繁に変動するので、その都度ご確認を。
5月末までです。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『エスクァイア日本版』復刊コミッティより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。