カテゴリ

2009年02月28日

エスクァイアに寄せて。上海からのお便り。

『エスクァイア日本版』で副編集長を務め、
現在上海在住のサウザー美帆さんよりメッセージが届きました。
上海でも『エスクァイア日本版』の人気は高く、
早くも復刊を望む声も聞かれるようです。
以下、上海からのお便りを紹介します。



上海で発行されている日本語のフリー雑誌『Bros』の 今月の特集が「雑誌」でした。
その中で、中国人アートディレクターの楊傑さんが
『エスクァイア日本版』の大ファンということで、
対談記事の中でこんなコメントを述べています。

楊傑「(中略)そういえば以前、仕事の関係で、
よく日本の雑誌を手にした期間がありました。
その時に一番インパクトの強かった雑誌がこれ、日本版の『エスクァイア』。
僕は日本語がまったくわかりませんが、それでもいい雑誌だなと思います。
とにかく情報性とファッション性のバランスが完璧。
日本に実際に行った時も思ったのですが、日本の雑誌って
インフォメーションやトピックスなど文字情報がギッシリというイメージなんですよ。
きっと日本人は忙しいから、
いろんな情報源を雑誌一冊に頼らざるえを得ないんだろうなあと 思ってました(笑)。
その点ではこの雑誌も相当な情報量なんですが、
しかしこの高級感。写真の視点やアングルも絶妙です」

言語は違えど『エスクァイア日本版』は、 そのクオリティにおいて、
世界各国のクリエイターたちの間でも実に評判が高く、
復刊を望む声は海外からもあります。
私自身もかつて『エスクァイア日本版』の編集に携わったという経験が、
中国に住む現在でも大きな財産となっており、
まったく面識のない中国人のクリエイターのこういった発言を誇りに思います。
海の向こうより、心から復刊を願っています。

元『エスクァイア日本版』副編集長 サウザー美帆

拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 14:40 | Comment(0) | 応援メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。