カテゴリ

2009年05月06日

写真家の部屋vol.15

(C)Koichiro Matsui

連載企画「写真家の部屋」第15回は、松井康一郎さん。
松井康一郎さんは、パリに暮らし、世界中を旅しながら、写真を撮っています。
パリにもう15年も、さらにその前にはアルルに住み、中身はほとんどパリジャン。
源流には、NYで目覚めたというビートニクのスピリットが息づいているそうですが、
オープンマインドで人間愛に溢れた彼のパーソナリティは、やっぱりラテン。
一度でも会ったことのある人なら誰もが納得してくれるでしょうが、
人懐こく、情に厚く、常にまっすぐに、人と仕事をすることを楽しんでいます。
それこそ、スタッフも、撮影される人も、通りがかりの他人までが、
すぐに打ち解けてしまうのですから。

さらに、彼のもうひとつの美点が食いしん坊としての顔です。
パリで活動しているのは写真より食のためでは?と思ってしまうほど(失礼)。
グルメなんていう軟弱な言葉では言い尽くせないほどの健啖家ぶりは、
スイス、スペイン、ギリシャ、中国など
エスクァイアで訪れたすべての国で発揮されました。
そんな彼の写真の中で、やはりとりわけ素晴らしいのがポートレイトと料理。
パリの多くの三ツ星シェフたちが彼の写真を気に入って、
まるで友人のような関係を結んでいることからもわかります。

『エスクァイア』でもたくさんの素敵な写真を撮っていただきましたが、
これからも世界を舞台に、多くの人たちを魅了しながら、旅と食と写真の素敵な日々を!


続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真家の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

「写真家の部屋」vol.14

(C)Takashi Ehara

連載企画「写真家の部屋」第14回は、江原隆司さん。
江原隆司さんは、森本美絵さんのアシスタント時代から数えると、
ずいぶん長い間、『エスクァイア日本版』に関わっていただきました。

独立された後も編集部スタッフがすぐにお声をかけたのは、
これから活躍されるであろう伸びしろに大きな期待を寄せていたからにほかなりません。
対象を正確に理解しようという姿勢、現場での気配り、
ADや編集者の要求への耳の傾け方、
そうした撮影に取り組む真剣さを目の当たりにするたびに、
こちらもあらためて襟を正してページをつくらなければという
初心を思い出させてくれました。

そして独り立ちして写真を撮ることのヨロコビを
全身で感じている江原さんにもっともっと誌面で活躍していただきたかった。
いつかまたその日が来ることを祈って。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真家の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

「写真家の部屋」vol.13

(C)Marlene Marino

連載企画「写真家の部屋」第13回は、マーリーン・マリノさん。
ニューヨークをベースに活躍する写真家のマーリーンは、
あの『アメリ』でお馴染みのオドレイ・トトゥそっくりのキュートな顔立ちの
ハーフ・キューバ、ハーフ・コロンビアン美女です。

ほっそりした体をミニスカートに包み、ニコンFMを片手に携えて、
パチリパチリと撮影していきます。その優雅なこと。
初来日で編集部に遊びに来てくれた彼女に会って、
男性編集者がすぐに温泉特集の撮影を依頼してしまったのも無理はありません。

もちろん、持参してくれたブックの作品も素晴らしかったのですが。
いまでもマーリーンに会う度に「あの九州の旅はアメージングだったわ!」と
興奮気味に語ってくれます。
そして「誌面の仕上がり素敵。私は日本版『エスクァイア』が大好きなの!」とも。
そんな彼女が、最近仕事で訪れた
キューバのシリーズからチョイスした5点を送ってくれました。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真家の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。