カテゴリ

2009年04月04日

「写真家の部屋」vol.12



連載企画「写真家の部屋」第12回は、塩田正幸さん。
とびきりカッコイイ写真が届きました。
塩田さんは、2007年2月号「写真が語る、ニューヨークの最前線」や
2008年8月号の「天才とスペイン」特集などで活躍していただきました。

誰の写真にも似ていない、パワフルな写真表現は、
流行とかセンチメンタルとか、そんな脆弱な言葉とはまったくの無縁。
スケーターが街を滑走するように、すいすいと写真の世界を独走しています。
サイトで写真をお見せするコーナーでこんなことを言うのは自己矛盾ですが、
こういういい写真って、やっぱり手触りのある紙で見たいし、自分の手元に置きたい。
WEBって便利だけど、
やっぱり雑誌や本は「友達」のような存在ですよね(いや、恋人か)。
自主制作出版レーベルで作品を発表している
塩田さんのメッセージには説得力があります。
そのスタイルに、最大級の敬意を込めて。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真家の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

「写真家の部屋」vol.11

齋藤1.jpg(C)Keigo Saito

連載企画「写真家の部屋」第11回は、齋藤圭吾さん。
三脚に固定した4×5の中判カメラを肩に担いで歩く姿も
印象的な男気フォトグラファーです。

人物、ファッション、建築、料理、モノから
ヨセミテの険しい岩山での撮影まで、
ジャンルを問わず撮影されたプリントは、
いつも写真への深い愛を感じさせます。
『エスクァイア日本版』編集部とは10年来、現場をともにし、
誌上での表現、雑誌作りでこだわりを共有してきた盟友です。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真家の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

「写真家の部屋」vol.10

usui4.jpg(C)Kazuyoshi Usui

連載企画「写真家の部屋」第10回は、薄井一議さん。
大手広告代理店の写真部に所属しながら、
多くの作品を発表されています。

『エスクァイア日本版』2006年6月号の特集、
「愛すべきデザイン122」では巻頭を飾ってくれました。
原宿育ちで、見た目は好青年ながら、
場末感に惹かれる、ちょっと怪しい嗜好の持ち主でもあります。
そんな彼の気合の入った写真をお楽しみください。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真家の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。