カテゴリ

2009年05月12日

レビュー回顧〜手元に残ったCDについて その3

416EM68MJ5L._SL500_AA240_.jpg

「ロウ・ファイ」の時代?

クラブ空間から発信される音楽がもてはやされると、
やはり英国のアーティストのプレゼンスが高くなります。
しかし’90年代半ばには、アメリカから、
ストリート感を感じさせる音楽が響いてきました。
モーフィーンの時にも触れた「ロウ・ファイ」です。

『エスクァイア日本版』'94年9月号のディスクレビューには
ラテン・プレイボーイズの『ラテン・プレイボーイズ』、
そして10月号には
G・ラヴ&スペシャルソース『G・ラヴ&スペシャルソース』が紹介されています。
ロウ・ファイシーンの大立者であるジョン・スペンサーも
ちょうどこの頃ファーストアルバム『オレンジ』をリリースしました。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏Esky Music/レビュー回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

レビュー回顧〜手元に残ったCDについて その2

41XVHKNQQ6L._SL500_AA240_.jpg31P3qkXrpaL._SL500_AA200_.jpg

やっぱり歌の力なのかな。

ジャズ系クラブミュージックの世界に浸かって、
「音楽通」ぶっていたところで、エスクァイア日本版の門をくぐったら、
そこには予想を超えた音楽の深淵が口を開けていた……
当時を振り返ると、さながらそんな感じでしょうか。
連日届くさまざまなタイプの音源を、
混乱しながらもとりあえず聴く日々がしばらく続いたように思います。
編集部のBGMすらもフレッシュな体験だったわけですが、
中にはちらほら、自分にとっても馴染みのある音楽が取り上げられることもありました。

ブラックストリートは、'90年代になってテディ・ライリーが結成した
ヒップホップ/R&Bのグループです。
テディといえば、'80年代にボビー・ブラウンのプロデュースで
一躍その名を知らしめたアメリカ・ブラックミュージック界の顔役のひとり。
プロデュースに大きく関わった
WRECKX-N-EFFECTや自身のグループguyで、
「ニュージャックスウィング(NJS)」というジャンルを確立した人でもあります。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏Esky Music/レビュー回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

レビュー回顧〜手許に残ったCDについて。 その1



本誌音楽担当Sです。
こんな、雑誌が中断してしまうといった事態でもないと、
なかなか自分がやってきたことを振り返る機会はないものです。
そして、自分が関わってきた15年を振り返ってみると、
担当を離れていた時期があったものの、実に多くのCDを聴き、
紹介してきたことに今更ながら驚きます。

音楽の担当になりしばらくして気づいたのは、
仕事としてさまざまな音源に触れれば触れるほど、
プライベートで音楽を聴くのが億劫になるということでした。
このままでは音楽嫌いになってしまう、そんな恐れを感じたりもしました。
それでも、号を重ね、年を経るにつれて、
ラックのCDはどんどん増殖していきました。
安心したというか、自分の欲深さに呆れたというか。

当初はジャンル別になっていた自宅のラックも、
いまではすっかりごちゃごちゃです。
その中でも、比較的「手前」にあるものは、
やはり聴く頻度が高いのだといえるでしょう。
懐かしいタイトルも見えています。
ここではそんなCDを、時代をさかのぼりながら、
いくつか紹介していこうと思っています。

続きを読む
拍手する
posted by esky復刊応援コミッティ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏Esky Music/レビュー回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。